医療事務から美容外科の受付へ

高校を卒業してから医療事務としてずっと大きな病院に勤務して居ました。
正社員として働き少ない給与の中で一人暮らしをして居ました。

医療事務の給与は若干低めの設定なので仕方が無いとは諦めて居ましたし、休日や福利厚生の面で非常に優遇されて居た事もあり、高級では無い物の満足して働いて居ました。
患者さんと顔を合わせる事が無いので精神的には負担が無いのですが、他の診療所などでは医療事務として働いて居ても受け付けも兼ねているので患者さんとの接点が多く、クレーム処理などはとても大変だと聞いて居たので全く接点が無い部分でも楽な方だろうとは思って居ました。

しかし診療所の医療事務の勤務ではとても先生や看護婦さんとの仲間意識が強く、人間関係がとても円滑だと教えて貰いとても羨ましいと感じた事が在りました。
大きな病院の医療事務では全くと言って良い程に医師との交流も無く、看護婦さんと接する機会は電話応対の時だけでしたし、忘年会や新年会でも医療事務のみは外れた所で部外者のような気もして居ました。

 

美容外科の求人はこちら

 

美容外科の求人の受付に応募しました

転職しようと考えていた時、ちょうど自分の住んでいる所から結構近い所にあった美容外科の求人を見つけました。
条件自体はかなり良く、何より私が魅力的に感じたのはその給与です。
今迄働いてきた所に比べると月給が高く、さらに通勤時間も短縮されるのは私にとって凄くメリットがありました。
受付と看護師両方の募集があったのを覚えていますが、私は受付の方で応募しました。

 

私がその求人を見つけたのはインターネットの情報サイトです。
転職しようと思ってから、私は色々なタイプの職種について調べていました。
今迄働いた事がある業界でも良かったのですが、できれば自分の興味関心のある業界で働きたいと思っていました。
ただ、色々な資格を十分に所有しているわけではない為、どんな仕事でも就けるわけではありません。
要資格という所に関しては、やはり資格がないからと言う事で応募できない状態でした。
そんな状況だったので、私としては美容外科の求人は非常に嬉しく、また魅力的に見えました。

 

早速履歴書を用意して求人に応募しました。
面接を受けたり一通りの事をしたのですが、実は結果はダメでした。
条件は満たしていると思っていたのですが、私が応募した時は希望者がかなり多くて、倍率も高かったからだと思っています。
はっきりとは覚えていませんが、多分1人か2人の募集だったと思います。

 

アルバイトとかだと、結構募集数もあり、採用されるイメージが有りました。
ただ今はどうか知りませんが、私が応募した頃は今よりも病院数も少なく、求人数自体も凄く少なかったのでしょう。
やはりより多くの資格を持って、自分の魅力・価値を高めないと採用は難しいのではないかとその時に思いました。
なので、その時は全く別の業種に転職し、そこで働きながら色々と勉強して資格をいくつも取得して行きました。
仕事をしながらの事になったので結構大変な時も少なくありませんでしたが、確実に以前に比べると資格を沢山取得できている状態になっています。

 

ただ、色々と資格を取得して自分の価値を高めてみようと努力したのですが、今の所ここだと言う美容外科の受付募集の情報を見つける事が出来ていません。
以前転職活動をしていた時の様に頻繁に情報収集していないと言う事が関係していると思います。
前は日に何度もチェックする位の状態だったのですが、今はふと思った時だけチェックする状態になっているからです。
やはり、頻繁にチェックしないとなかなか見つからないのかもしれません。

 

また美容外科の受付求人自体は、多分それ程多く募集されていないのかもしれません。
しかし人気があるので、直ぐに情報が見つからなくなってしまう、募集がストップしてしまっているのかもしれません。
実際のところはどうなのか分かりませんが、時々情報収集しているとそんな事を感じたりしています。
だからもし美容外科の受付で働きたいという人が居たら、私としては頻繁に情報をチェックする事をお勧めします。
その方がやはり見つける情報の数も各段に多くなると思うからです。
また利用するサイトのエージェントを利用出来る奈良、それも活用する方が良いと思います。
自分があれこれ探さなくても、自分の条件に合っている所をみつけて紹介してもらえるからです。

 

私の場合は自分でチェックしていて偶然募集を発見し、さらに今は時々チェックしかしていないので、なかなかこれだと言うものに出会う事が出来ていません。
ただ、今はまだその予定はありませんが、今後もし本気でまた美容外科で働きたいと思う様になったらパソコンやスマートフォンを利用してしっかりと情報取集するつもりです。
やはり情報を制する者が採用も制すると思うからです。”